「亀寿苑は大切なご家族に利用してもらいたいと思う施設ですか?」

職員面談でよく聴く言葉。

私の答えは、もちろんです!!

 

12月頭頃から、私の祖母が亀寿苑の短期入所(ショートステイ)を利用させてもらっています。

片道40分程かけて、祖母を亀寿苑まで送って来てくれるのは、祖母の介護をしてくれている、私のいとこ夫妻。

 

ずっと要介護3だった祖母が、春頃に

「容態急変した、在宅介護は難しくなるかもしれない」

と聞いた時、号泣してしまいした。

 

何でもっと会いに行かなかったのか?

ひ孫を会わせてなかったのか?

何処かに連れて行ってあげなかったのか??

おばあちゃんが私にしてくれた事、何もかえせていない。

 

そんな大きな後悔を抱えも何もできない自分がもどかしい。

 

考え振り絞ったのが亀寿苑に頼ること。

祖母の主介護者であるいとこ嫁さんに電話してしまいました。

私「おばあちゃん、退院したら亀寿苑のショート利用しやへん?絶対、元気になるから!!」

いとこ夫妻「そのつもりでいたよ。亀寿苑は利用したら元気になれる場所やもんね。おばあちゃん、お家に居たがってるから、お家で過ごすためのリハビリとして少しお泊まりさせてもらうね。」

 

いとこ嫁さんは何度か亀寿苑に見学に来ており、亀寿苑の生活リハビリの魅力と効果を知ってくれていました。

 

亀寿苑は私の身内にとっても、大切な家族に利用して欲しいと思える施設でした。

 

祖母に何もしてこなかった後悔、いとこ家族への申し訳なさ…

そんな私の辛い気持ちは、亀寿苑という場所、そこで頑張ってくれる職員さんのお陰で、わずかでも取り返せるチャンスをいただけました。

 

いとこ家族の想いによって、要介護5の認定が降りた状態で自宅に戻れた祖母。

月に何日か、お泊まりに来てくれるようになりました。

ここでも亀寿苑に、みんなに心の底から感謝。

 

そして、今回、実の祖母が亀寿苑初回利用を経て、明らかに元気になった姿を見て、改めて、亀寿苑の職員さんのケア、生活リハビリ視野の広さに頭が下がりました。

今まで、いっぱい見せてもらってきた、利用者さんが元気になる奇跡。

自分の祖母の奇跡は、景色が少し違い、いつも以上に胸が熱く、眩しく感じます。

今、いとこ家族、私家族の目標は『おばあちゃんに元気になってもらって、おばあちゃんと孫たち家族旅行』

孫家族一同、それも、夢じゃない気がしています。

家に居たいが祖母の願い。

 

亀寿苑の皆さん!!

またまた、私にこれ以上ない、大きな大きな幸せをありがとうございます。